おねがいマイメロディ #40

あけましてジークジオン。
正月は、雛見沢に出かけたりERのDVDを朦朧としながら一気観したりしてすごしています。

4クールに突入し、基本設定が明確化し物語の着地点が提示されましたよ。
歌ちゃんの唄うのはピンク音符が作る曲、なわけすか。
『作曲者』が不要なら、柊先輩の立ち位置は『伴奏』になるのかなぁ。

大喜利が嫌いで笑点を観ると無性に腹が立ってくる自分としては、かったるいシーンが早めに終わってくれてよかった〜。
どう考えても柊先輩も嫌いだよね、大喜利。
いつの間にかアホ御殿3への出資が決まっていたのはショックでした。

マリーランドへ行ける人間は2人だけ。
なのにどうして小暮が? と思ったけど、ああ、フラットくんの下宿先だからなんだ。


殺し屋ジョー | 2006-01-02 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半

トランスフォーマー ギャラクシーフォース #52

「私に良い考えがある」
って、あんた!
大晦日の朝っぱらから大笑いさせてくれてありがとう。
でもどうせなら玄田先生が来てた時に言ってくれていたら。

エピローグだけで1本使っちゃう贅沢な最終回でした。
総集編を危惧してたけど、そんな事もなく良かった良かった。
しかもすんげ面白いし。
信号機最高。
ローリ老けすぎ。

これでまた数年間、TFお休みかぁ。
復活の時は、また別の世界になっちゃうんですかね?
殺し屋ジョー | 2005-12-31 | コメント(2) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半

おねがいマイメロディ #39

冒頭で、パパが引いていた大荷物にカニのマークが付いてるのが細かい。てことは下の箱には鮭とかが入っていたわけですか。
わざわざ出張先の北海道から生物を持って帰らなくても、クール宅配便を使えば良かったのに。そうすればスポンサーの佐川も喜びます。

その一方で、しっかり空気を読めるロミたちは、
「あたい、可愛いキーボードが欲しい!」
「キーボードはちょっと高くないゾナ?」
「そんなに高いモンじゃないさぁ」
と、さりげなくアガツマに配慮した販促ナイス。
おねがいマイメロディ 光る!メロディキーボード
おねがいマイメロディ 光る!メロディキーボード

肉欲と物欲でロミを誘い出す奏歌すげぇ。
その作戦を考えたのがマイメロ様ってのも、またすげぇ。
ロミの入れられていた反省房、便器すらないんですが。垂れ流し?
琴を慰めるために女装を試みるお父さんだったけど、鈴ママは久しぶりに再会した旦那に化粧の痕跡があった事をどう思ったんだろう。
ママチャージが良かったねぇ。

と、あえて今週は本筋に触れずにそっとしておきましょう。
でも琴パジャマ萌え。
殺し屋ジョー | 2005-12-25 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半

おねがいマイメロディ #38

こんなどうでもいいような話の中でも輝きを放つ、琴ちゃんのセリフ。
「駆にいちゃん、おうち帰りたいよぅ…」
…うわぁ。そういや琴×駆のエロ同人誌ってあったなぁ。
「綾ちゃんみたいに、できないよぉ〜」
になんの説明も無いのも面白かったです。
これ、33話のアレだよね。小学校の鶏小屋での惨殺。

歌からマーキングおねがい要員と思われていたらしいフラットくん。
映画話なのに、いるだけでほとんど話に活かされない菊地。
メイド服と水着。
このダラダラぶりはどうした事か。

隣人シリーズ3で、かつ『動くアホ御殿』ひっぱり話。
たぶん3ヵ月後くらいに、またアホ御殿がネタにされますね。監督の息子話で。
殺し屋ジョー | 2005-12-18 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半

ケロロ軍曹 #89

中田譲治祭りナイス!
セルフパロディ(なのか?)ナイス!
かませ犬ナイス!
さらにミラクル中村プロのすんごいアクション作画も素晴らしかったです。
ギロロ好き好き。

そういや今川ピザ監督の劇場版鉄人は、いつになったら公開するんでしょうね。
麦人先生の日記によると、とっくにアフレコも終わっているようなんですが。
ああ、やっと気付いたけどシャイニングフィンガーも今川ネタだったんだ!
殺し屋ジョー | 2005-12-16 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半

グランダー武蔵 #09 #10

#09:ドラゴンワームの秘密
ナベシンコンテ+加瀬作監。
谷口顔の九鬼さんがステキすぎます。アニメR万歳!(いや厳密にはRってわけじゃなく加瀬さんの個人参加なわけですが)
武蔵の必殺技『スパイラルキャスト』、名付け親はクッキーだったとは。センス良いなぁ。
ともあれキャスティングテクニックを駆使してトレーニングセンターからの脱出を図る武蔵だが、あっさりとBBに発見されてしまう。
『母の情報』というエサにひかれ、武蔵も再戦を承諾。さぁ、変態釣りバトルだ!
呪文と爆発と天変地異が乱れ飛ぶ闘いは、スケルトンルアーの神秘の力により、またしても武蔵が勝利。
BBの助力も得、クルーザーで救出に来たパパ&ミラクルジムと合流して孤島からの脱出を果たしました。
しかしスケルトンルアーは、恩を知らない武蔵から破壊されてしまいます。そりゃクッキーも怒りますわな。

#10:グランダータックル
自分が『陰陽大戦記』を好きになった理由のひとつに、『物語の進行に合わせてキャラの呼称が変わっていく』という細やかな演出がありました。
そして、実はこのグランダー武蔵でも同様の演出がおこなわれていたのです。
この回からついに、武蔵による我らが九鬼さんへの呼称が『九鬼のおじさん』から『九鬼のおっさん』へと変化しました!
トレーニングセンターでの虐待により、クッキーがやばい人だと気付いたのでしょうか?
もしや画面外でなにか呼称が変化するほどの出来事があったのでしょうか?
奥深いぜ、グランダー武蔵。
なんと10話目にしてようやく、主役メカ『グランダータックル』と主役ルアー『オルカイザー』が登場しました。
リアルロボットアニメの一つの到達点と言える『太陽の牙ダグラム』でさえ、7話(実質6話)で主役メカが登場したというのに。
リアリティのある舞台に戻り、澪ちゃんと卓が久しぶりに登場。
やはりこれくらい地に足をつけた世界観の方が良いな。
周囲のすべてが変態ワールドになってしまうと、九鬼さんの特異さが目立ちません。
ライバル湖次郎も、もっと久しぶりに登場。
彼は地元民でもないのに、どうして毎朝こんな山奥にまで来れるんでしょうね。

そういえばミラクルジムがオーストラリアでのロケを無事に終えて帰国なさったようです。
来年1月4日と1月7日の「釣りロマンを求めて」は見逃せません。
釣りに興味ないくせに、もう彼にゾッコン。
殺し屋ジョー | 2005-12-15 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半

ゾイド ジェネシス #36

まさかダ・ジンのじいさんがヘシ・カルメル役だとは。
一枚岩でない集団内部での行き違い。
ほんっと、渋い話作りをしてます。
でもダグラム終盤のようにこれを敵軍に突け込まれて泥沼化という事もなく、ルージとミィ様のがんばりによって爽やかに丸く収まってよかったよかった。
好きだけどストレス溜まるもんな、この手の話。

その一方で、すっかり風呂アニメと化したゾイドジェネシス。
しかし同じ風呂でも、いつものフェルミと今回のミィ様ではその価値が違います。
たったのワンカットだったけど、満足だよ!
さらに下着姿まで!
ついでにエヴォルトして姫様装束まで!
これでDVDも大ヒット確実。

で、ラストの行き倒れ少女はいったい。
(ここから書き足し)
うわ。ソウタ君だったとは。マジボケしてしまいました。
コメントで教えていただくまでまるっきり気付きませんでしたよ。

せっかくの書き足しなので、もう少し。
今回、空からだったら楽々とズーリの町へ進入できると説明し、すかさず次回でそこを突かれるあたり、作劇が細かいっす。
だから好き。
殺し屋ジョー | 2005-12-11 | コメント(2) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半

リーンの翼 #01

かつて小説リーンの翼で、『迫水』って姓の読み方を憶えました。
(関係ないけどガサラキで『鏑木』の読み方を憶えました)
そんなこんなで、GyaOで12時間限定公開の1話を観ましたー!

すげぇ、こりゃすげぇよ。
ドライブ感ありすぎ。
とにかくもー、各キャラから発せられる断片的なセリフから背景を読みとっていく楽しさを久々に味わいました。
トミノアニメはこうでなくては。

「お前は膝で俺を殴ったんだぞっ!」って、良いネームだなぁ。
ひたすら肉感強調のヒロイン。パタパタ羽ばたく靴の翼。なんか凄そうなオーラバトラー。
全部、好きだ。

このアニメ版リーンの翼って、過去のバイストン・ウェル作品群とどういった関係なんでしょうか?
迫水真次郎の名前が出てきたって事は、小説リーンの翼と同一世界の続編なのかなー。
しかしそうなると、小説オーラバトラー戦記の立場は?
あ、小説のサコミズって死んでましたっけ。忘れてます。
EDアニメの翼がどうにも『月光蝶』っぽいので、だとしたら20年前に構想されたまま放置されたバイストンウェル3部作の未来編なんじゃねぇかって気もします。つまりラストで地球壊滅。
(『リーンの翼』『オーラバトラー戦記』『エルガイム(けっきょく書かれなかった)』の3部作で、バイストン・ウェル物語が完結する予定だったようです)

『変な名前の主人公・オブ・ザ・イヤー』こと、エイサップ鈴木の声ってリッくんだったのかぁ。
観ていて気付きませんでしたよ。
殺し屋ジョー | 2005-12-11 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半

トランスフォーマー ギャラクシーフォース #49

「進路をプライマスへ!」であって、「進路をセイバートロンへ!」ではないのが、なんだか良いな。
地球。あれだけの天変地異で死者がいないってのは、さすがにウソでしょう。いくらライブコンボイが地味な天才でも。
結局ガルバトロンが何をしたいのか良くわかんないです。あっさり逃げちゃうし。

強者集結のお話は、それだけで面白いもんですね。

衝撃の次回予告。
「ほおぅ、コンボイがたくさんいるな!」って、玄田先生なんて事を!!!!!
プライマスの口調ではなく、あきらかにコンボイのセリフだよ!!!!!
この数時間前にGyaOで2010の8話を観ていたので、感動数倍。泣きそうになりました。2010は土曜の昼に更新なので、その前に慌てて観ておいて良かったー。
殺し屋ジョー | 2005-12-10 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半

グランダー武蔵 #7 #8

#7:もっと上手くなりたい
父親から釣りの特訓だと騙され、家庭菜園を作らされる主人公。
ジムに挑んだ釣り勝負にも敗れ再び水汲みを始める武蔵の元に、奴が、九鬼さんが現れる!
中田和宏さんの普通じゃない怪演に惑わされ、あっさりと書置きを残して泊りがけで九鬼さんについていってしまいます。
クッキーがテクニシャンなのか、武蔵が騙されやすすぎるのか。
ともあれ、ヘリに乗って向かった先は、謎の孤島に建設されたトレーニング施設でした。
(続く)

#8:謎の美少女BB登場
これまでの『山奥の僻地』というリアリティのある舞台を離れ、ついに何か作品にとって大切なものが壊れはじめました。
四天王の1人、カネリ登場。
九鬼さんに負けていないキャラ立ちっぷり。ベクトルは異なるけれど、やはり危なさ全開です。
武蔵を洗脳しようと、あの手この手で攻めまくる2人。
クッキーは基本的に子供を褒めて伸ばす主義かと思われますが、今回の作戦は容赦ありません。
電撃&針攻めと、ほとんど風雲たけし城の世界です。
そして、第3の四天王・BBの登場!
サブタイトルで『謎の美少女』と書かれていなければ、性別不明です。ユニセックスな魅力です。ついでに本名もわかりません。
ドラゴンワームをはじめ、ミミズ型のワームを多数所持。エロ同人ネタにも不自由しないキャラだ。
実際この子、四天王でありながら鬼道グループの中で立場が良くないみたいなんですよね。いかにも虐待されていそうで。
ラインが絡まりそうな武蔵の必殺技・スパイラルキャスト(だったっけ?)により、BBは敗北。さらに立場が無くなる(笑)。


さて、ミラクルジムです。
あれこれ検索していたら、なんとライブドアでブログまでやっていらっしゃるのを発見しましたよ。フィーッシュ!
魚種格闘技戦!
かっこいいなぁ、ジム。
思わずファンクラブにも入ってしまいましたがな。

そういえば思い出しました。
グランダー武蔵放送中、すでに村田基さん(というか、潮来つり具センター)のサイトがあったんですよ。
『100万円入りの財布を落とした』とかって日記を書いていらっしゃいました、ジム。
殺し屋ジョー | 2005-12-07 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2005後半
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。