イブイブ

今日も観ている

基地内に生身のバララント兵士がいなかったのは、やっぱキリコ達が一般兵をミンチにしまくる描写を避けるためなのでしょうか?
エグいしな。
思えば、FLAGでの同様のシーンは地味だったね。

1&2話のオーディオコメンタリがオフィシャルサイトで公開されています。
えらい面白いです。
早く3&4話のコメンタリも聴きたいー!
早く早く早く早く早く早く早く早く早く!
でもこういうのは普通にDVDに収録してくれスティーブ!

ホ問題

ペールゼン・ファイルズを田亀源五郎先生にコミカライズしてほしい。
ほんとこのお方の描くルスケやウォッカムさんやワップやオーエンを見てみたい。
本人もボトムズファンのようだし、軍人物も多く描いてらっしゃるし。拷問が好きっぽいし。
まじで手配してくれスティーブ!

ウィルトゥース (オークラコミックス) (オークラコミックス)

冬コミ

どのくらい出てるのかなー、ペールゼン同人誌。
15年くらい前、メロウや83のホモ本を買い漁っていたのも懐かしい思い出です。
その手の本を買おうとして、売り子のお姉さんから
「それ、ホモ本なんですがいいんでしょうかー」
と恐縮されてしまい、
「大丈夫です。免疫あります」
と答えて売ってもらったことがあったんですよ。
んで次のコミケでも同じサークルさんに買いに行くと、そこのペーパーで先の会話がネタにされてました(笑)。
別に気にしないのにねぇ、ホモくらい。
なんせその当時って、免疫あるどころかPINXTER(ぴくすさん&戻さん、というかユナイト双児さん)と合体してコミケに申し込んでいたくらいだし(ちなみにATVP経由で紹介されて)。

 



殺し屋ジョー | 2007-12-23 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007

ペールゼン・ファイルズ #3 #4

いきなり

コチャック、登場2カット目からキャラ立ちすぎ。
「お前らに言っておくぅ!」
おおお、こいつおもしれぇ。

降下作戦

某装甲騎女に先を越されたけど、本家でもATの空挺降下。
まずアンテナ塔を破壊して外部との連絡を絶ってから制圧、って手筈。
基地内にはファッティしかいません。ATから降りた生身の兵士すらいません。
エレベータも通路も砲台の操作もすべてATのサイズが基準になっているようなので、ひょっとしたらバララント軍では常にATに搭乗したままで生活しているのかもしれません。
そんなバカな。

もう「総受け主人公」とは呼ばせない!

キリコがつえーつえー!
SPT並にクルクル回転しながら、容赦なくファッティを惨殺。
しかも、あのキーク・キャラダイン氏の必殺技でもある『天井撃ち』まで披露。2度も! こんな芸を持っていたのかキリコ。でも天井撃ちのあとはちゃんと乱れた髪をなおしてほしかったよね。

春風亭

3話のコンテは、なんと知吹愛弓さん。折紙戦士のリリアン萌え。ボトムズにはTVシリーズ以来の起用です。
しかし意外な人を呼んで来たなー、って感じ。
この調子で、滝沢さんや池田さんもコンテ切ってくれるとイイナ!

榎本

前線基地の兵士役で、中田和宏さんが登場。嬉しい。
まだ目立った活躍は無かったけど、きっと物語後半では首に取り付かれて大暴れしてくれるものと信じています。
ぜひ広瀬正志先生とも絡んでほしい!

ホモアニメから、ショタアニメへ

あの衝撃的だった1〜2話に比べると、ムンムンのホモ臭さは軽減。
しかし!
そのぶん今度はショタ度がアップ! ボトムズなのに!
キリコのバックでハァハァ欲情しているザキくん。
振り向いたスコープドッグの中にいるキリコの流し目を妄想するザキくん。
眼前にいるキリコ機を、わざわざズームカメラで凝視するザキくん。
衝動的にキリコを撃っちゃうザキくん。
それをクルクルダンスで避けるキリコくん。
「なぜか知らないが、お前はよほど俺を殺したいらしい」
「好きにしろ。(←え?) だが作戦行動中に味方を撃つようなら……」
「やめろぉ! 撃たないでくれ! わからないんだ! お前といると、頭がおかしくなるんだ!」
なにこの胸きゅんセリフの応酬。

謎の刷り込みに操られて自分を殺したがっているザキに
「行くぞ、つかまれ」
と優しく声をかけ、差し出す手(スコープドッグの)。
そしてそれを、思いを逡巡しつつ受け入れる少年。
「わかった!」って言ったときの、ザキの嬉しそうな表情を見たか! しかもこのカット、半イメージシーンで全裸ですよ奥さん!
なんだろうかこれは。
この調子で、谷田部さんもコンテ切ってくれるとイイナ!

さらに。
次回予告の青い髪の美少年はいったい(笑)。

 

殺し屋ジョー | 2007-12-22 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007

謎のエロボットアニメ

小規模エロゲーを同人ルートを使い山ほど発売している、Lilithという大手メーカーがあります。
あまりにも儲けまくっているのか、今ではエロアニメ製作業にも参入するほどに元気。
そんなLilith/Pixyが先月末に発売した新作が、この『装甲騎女イリス vol.01 超空の降下作戦』です。

pxy-10015_demo01.wmv_000010744
pxy-10015_demo01.wmv_000014681
pxy-10015_demo01.wmv_000018418
pxy-10015_demo01.wmv_000020186
pxy-10015_demo01.wmv_000022222
pxy-10015_demo01.wmv_000022956
pxy-10015_demo01.wmv_000023790
pxy-10015_demo01.wmv_000026593
pxy-10015_demo01.wmv_000026760
pxy-10015_demo01.wmv_000029596
pxy-10015_demo01.wmv_000036636

以上、サンプルムービーより。
なんかちゃんとロボットアニメっぽいよ!
輸送機からパラシュート降下とかやってるよ!
色味はもっと渋いほうがいいなーとは思ったけど、3DCGで動くロボットは、まるでアレみたい。
装甲騎女(笑)ってタイトルはダテじゃない。
すげぇなーーー。
どんな人が作ってんだろう? とスタッフリストをチェック。

■スタッフ
監督:高箸漏助
演出:布施康之
脚本:飯嶋島
キャラクター原案:ZOL
キャラクターデザイン:峰雪
作画監督:峰雪
美術監督:本田修羽
撮影監督:中山敦史
音響監督:吉田知弘
プロデューサー:村上恒一

こういったメンツ。知らない。
が、よく見ると……。

監督:高箸漏助

え? たかはしろうすけ
ま、まさか良輔さんがペンネームでこんな仕事を!
(いえ、それは絶対に違います)

んで、おれは買ってません。サンプルムービーを観ただけです。
ムービーの後半では主人公とかが陵辱されているエロシーンもあったけど、ちょっと嗜好に合わない。
せめてキャラの年齢が一律10歳くらい若ければ買ったのに。


装甲騎女イリス vol.01 超空の降下作戦

気になったらサンプルムービーだけでもご覧あれ。
「体験版」ってトコからダウンできます。

 

殺し屋ジョー | 2007-12-01 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007

何度も観る

なにかにとりつかれたかのように、何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も繰り返しDVDを観返してます。
コストパフォーマンス高いぜ。
ガンダムで石塚運昇先生の声を聞いただけで、あのウォッカムさんの赤いガウン姿が目に浮かんじゃって大変です。
あのガンダム、もうちょっとホモ臭さって点でペールゼン・ファイルズを見習ってほしいなぁ。キャラが薄すぎる。

兵士 「武器を捨てろ!」
キリコ「武器は……、無い……」

いまんとこ一番好きなセリフは2話のこれ(↑)です。キリコのミもフタもない返しが見事すぎる。
これが総受け主人公だ! これがボトムズだ! って感じ。
なんかね、ダイアログのすべてが素晴らしいの。
特に2話はもう、無駄一切無し。
すべてのセリフに意味がある。
そして登場キャラ全員がキリコの尻を狙っているかのような、怪しい緊張感。
このアニメ、たまらんな!
早く3話をー。待てないー。

「殺しはせん。だから痛みはずっと続く!」
ゲシッゲシッゲシッゲシッゲシッゲシッ!
「貴様ぁ! 副指令殿の言葉が聞こえなかったかっ!」
ペシッペシッペシッペシッペシッペシッ!

これが広瀬正志先生だ! これがボトムズだ!

本編のセリフも良いし、次回予告がまた輪をかけて強烈なんですよ。

言うなれば、運命共同体。
互いに頼り、互いにかばい合い、互いに助け合う。
1人が5人のために。
5人が1人のために。
だからこそ戦場で生きられる。
……ウソを言うな!
猜疑に歪んだ瞳がせせら笑う。
おまえも、おまえも、おまえも、俺のために死ね!
次回『分隊』
こいつらは、なんのために集められたか?

銀河万丈先生、セルフつっこみでのりのり。

 

殺し屋ジョー | 2007-10-28 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007

絶叫の周夫

「てめぇ、おれを心配してるのか……?」
熱く見詰め合うスコープドッグ2機。
なんだこりゃー!

キリコ、いきなりズタボロ。
2話で早くも心臓停止。でもTVシリーズじゃ1話で心臓停止してたので、それよりはマシか。
主人公総受けアニメ。たとえるならばガンダムW。

ウォッカムさんとルスケのホモっぽさも良いです。
ガウン姿がステキ。
石塚運昇×銀河万丈でお願いします。逆でもいいけど。

我らがカン・ユー大尉が、唐突にEDに登場!
そしてあなたは、もしやカン・ユー大尉のお兄さん?
「貴様ぁ! 副指令殿の言葉が聞こえなかったかっ!」
ペシッペシッペシッペシッペシッペシッ!
シビれたー!
異能分隊だけでなく、無能分隊の設立も希望だ(メンバー全員の声を広瀬正志先生で)。
カン・ユー、ワップ、フーセン、ニーバ。すでに4人いるから、あと1人か。ウドの暴走族とかの名も無いチョイ役もやってらしたっけ?

赫奕の完結から12年ぶりの新作です。
あの頃に産まれた子が、中学生になるほどの時が過ぎました。
主題歌以外は文句なし。面白いよ!
錯覚している奴も多いが、作画はなんら問題ない。
塩山キリコ・谷口キリコ・西城キリコ・鈴木キリコ・横山キリコという区分けに、新たに『竹内キリコ』ってカテゴリが誕生しただけの事よ。
しかし、あの変な主題歌の作詞は誰だ。あ、ルスケか。
ストーリ的には、意外にも『野望のルーツ』のストレートな続編。
野望の発売は1988年なので、19年ぶりの続編です。
あの頃に産まれた子は、もうすぐ成人です。

1話の戦闘は、『今度のボトムズは戦争物』と聞いて想像していた物とは少し違ってました。
もっとこう、作戦行動の推移を俯瞰的に、将棋や囲碁の対局中継を楽しむような感覚で観られるのかと思ってましたよ。
徹底して前線の兵隊視点だったので、なにが進行しているのかわかりゃしません。いつの間にか全滅してるし。
俺、戦術級のシミュレーションゲームよりも作戦級や戦略級の方が好きなのです。

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 限定版 (1)

 

殺し屋ジョー | 2007-10-26 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007

ワイヤーウインチ

さらに新PVをコマ送りして観ていると、ワイヤーウインチらしき物も映ってますね。

votoms_pv2_1m.wmv_000023875
votoms_pv2_1m.wmv_000024083

じゃあバウンティドッグが出るの?
だとすると、この(↓)死にかけてる人って、まさか我が愛するボイル少佐なのでしょうか?

votoms_pv2_1m.wmv_000027291

でもなんかスコープドッグが右腕に謎の装備をくっつけてるカットもあるし。

votoms_pv2_1m.wmv_000020958
votoms_pv2_1m.wmv_000032166

この右腕のがもし新設定のワイヤーウインチなら、バウンティドッグとは別物なのかなー?

今日のキャプチャ分は、色調をいじくって何が映っているか判りやすくしてみました(昨日のは縦横比も間違ってた)。

 

殺し屋ジョー | 2007-06-11 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007

超おっさんアニメ

オフィシャルサイトでペールゼン・ファイルズの新PVが公開されてました。
ボトムズWeb|ペールゼン・ファイルズ|SPECIAL

votoms_pv2_1m.wmv_000006791
votoms_pv2_1m.wmv_000008541
votoms_pv2_1m.wmv_000012958
votoms_pv2_1m.wmv_000016833
votoms_pv2_1m.wmv_000017000
votoms_pv2_1m.wmv_000027625
votoms_pv2_1m.wmv_000033333
votoms_pv2_1m.wmv_000035583
votoms_pv2_1m.wmv_000037791
votoms_pv2_1m.wmv_000038833

ロッチナさんまでいるし!
しまった、ウォッカムさんのキャプチャを忘れてた。
キャラの色彩設計、渋くて良いすねー。
肝心のATは、画面が暗くてはっきり見えません。もすこしガンマ値を上げてキャプチャするべきでした。上のキャプチャ画像群、面倒なのでリサイズしただけで画質はぜんぜんいじってません。
でもまぁ、今回のシリーズでは、ディテールを描き込む方向でリアリティを高めるのではなく『作戦行動』を描写する事が目的なんだろうから、CGメカは画面から浮いてさえいなければ必要十分ですね。

7月開始とか8月開始とか夏開始とか、この時期になっても情報がバラバラだってのが不思議。
もし7月開始だったら、もう来月じゃん!
まさか来年の7月なんじゃなかろうな?

 

殺し屋ジョー | 2007-06-10 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007

大ヤマト零号

3巻まで出て製作中断されていた大ヤマト零号が、全5話のDVD-BOXとなって発売だそうです。
初公開となる4話と5話で、無理やり話をまとめたんだろうなぁ。
そしてそのプロモーションのため、いま1話を無料配信中。

大YAMATO零号

ビックリするくらいつまんないよ!
まるっきり理解できない世界観。
ストーリは有ってもドラマは無い。
演出不在の垂れ流し物語。
とてもシュールな、自主制作映画のような味わいのあるアニメです。
かろうじて1話前半の絵は凄く良し。もったいないくらい無駄に良し。

でも、まあ。中断したまま投げずに完結させたのは立派かもしれません。
ヤマト派生物では、この零号はともかく『YAMATO 2520』の方は割と好きだったりするので、そっちもちゃんと完結させてほしいなぁ。無理だろうけど。

数日前から右耳の後ろが大きく腫れて、たんこぶのようになってます。触ると痛い。
たぶんそのせいで熱も出ていて、ふらふら状態。
ところで、『ガンダムダブルオー』って『コイビトダブルワン』に語感が似てる。

 

殺し屋ジョー | 2007-06-03 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007

地球へ・・・ #05

70年代少女マンガ系SFマンガの絵柄を再現しつつ、しっかり21世紀のアニメらしい情報量を込めている作画が気持ちいいです。
70
このへんが70年代っぽい。

しかし今回の5話にゃかなり驚いた!
ここでジョミーとセキ・レイ・シロエを出会わせちゃうのかー。
原作では第1部と第2部を繋ぐキャラはサムだけなので、これは世界に厚みを感じさせるナイスアレンジです。
ついでに、シロエパパの声が広瀬正志先生だった事も、自分的には重要ポイント。

そしてなんと、ブルー存命のまま第1部終了。
マジすか。
てことは、ナスカ壊滅のあたりで死んじゃうのでしょうか。
もういっそ最終回まで生き続けろ!

地球へ… 1 (1)

 

殺し屋ジョー | 2007-05-06 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007

なうし・・・か?

いまアマゾンでエロマンガとかを買っていたところ、注文手続きの終わった最後の画面で偶然こんな広告が出てました。

 ポスター屋の広告

All Postersという、ポスター屋のバナー広告です。たぶんランダム表示。
http://www.allposters.co.jp/
なんとなく見に行ったらアメコミとかのポスターも取り扱っていました。というか輸入物ばかり?
「コンボイ指令Tシャツかっこいいなー」とか「なんで今さら旧トランスフォーマー・ザ・ムービーのしょぼイラストポスターが?」とか思いつつ眺めていると、こんなのを発見。

え

なんとこれ、「風の谷のナウシカ」らしいですよ。
怖すぎるわ!
右上を飛んでるのがナウシカなのでしょう。それはわかります。青いし。
じゃあポスターの中央で巨神兵(?)の手綱を持って銃を掲げている男は誰?
その左右にいる2人(?)は?
左上でペガサス(?)に乗って飛んでる人物は?

これが米国での初公開時のポスターなのでしょうね。
すげぇなアメリカ。

 

殺し屋ジョー | 2007-05-05 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2007
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。