幕末機関説 いろはにほへと #13

榎本さんが、中多和宏さんが、こんな重要キャラだったなんてー!
さらに、彼に同行したままの広瀬正志。
先が読めません。

舞台の幕を切り落として外に出るシーンは良かったすね。
観客たちは遠くから地味な闘いを眺めているだけで、退屈だっただろうけど。あ、砲撃があったので少しは盛り上がるか。芝居のストーリとは関係ないけど。
芝居小屋をあの場所に立てさせるよう手配したのが井上和彦だったのは、この仕掛けを用意するためですか。
でもなんでまたこんな手間隙かかることをしたのかって説明は無し。先生の目的が明らかになったときには全部繋がるのかなー?
無理な気がするなー。
物語の整合性よりも絵的なインパクト重視ってことなら、別にそれでもOKですけど。
今回の、海中に浮かんだ五芒星にも意味は無さそうだし。
そもそも1話で首をオークションに出したのは何のためだったんだろう。

中居屋とエビ死亡。
でも『すでに殺したはずの中居屋がなぜか生きていた』ってシチュエーションをつい数話前に通過しているわけで、一座はあれで今度こそ本当に仇敵が死んでくれたと思ってくれるんでしょうか。
少なくとも俺は思わない。

8話単位の全3部構成なのかと思いきや、13話で一区切りついちゃいましたね。
んじゃ普通に13話ごとだったんだ。ちぇ。



殺し屋ジョー | 2006-12-30 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006

トナカイさんのお弁当

トナカイさんのお弁当

これが、おむすびなのか!?

今日25日の「きょうのおむすび」、実にナイス!
いちごショートケーキのおむすびですよ!
時節ネタは押さえてくれるなぁ。
しかも、これで歴代4位の高得点を獲得たぁ。

やはりタダモノじゃねぇや、この番組。
なんとなく美味しそうに見えるのが嫌だ。
いえいえ、たぶんこれは本当に美味しいです。きっと。
どこかのコンビニとタイアップして商品化すれば、バカ売れ確実。

平日の午前0時に地道に更新されています。
もはやこの4分30秒のドリームは、毎日の生活の一部となりました。。
ウルトラセブンとか第1回コミックマーケット開催日とか、ツボを突く小ネタも多いこの番組、見逃しちゃダメ。
実際にはバックナンバーも全話公開されているので、見逃しても平気なんですけども。

きょうのおむすび

殺し屋ジョー | 2006-12-25 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006

幕末機関説 いろはにほへと #12

ビバ! 広瀬正志!!!!
謎のおフランス人、ムッシュ・ブリュネ役で、ついに我等が広瀬正志先生が登場!
とりあえず顔見せだけだったけど、きっとそのうち蛇のような残忍さや寄生虫のような狡猾さを思う存分に発揮してくれるに違いありません。

サブタイトルからして設定まとめ&総集編なのかなーと思いきや、普通の1本でした。穿った観かたでごめん。
でも龍馬からの伝言はまるっきり無意味だったなぁ。新しい情報、皆無。
それにしても耀ちゃん。沖田さんといい龍馬さんといい、男に惚れすぎです。

カメラを揺らしまくりの寺岡厳さんのコンテでした。
この方ってガサラキではクドい絵柄で作監なさっていたんだけど、はにほへでは作監なさらないのでしょうか。

ついでに。
新ボトムズの謎のプロデューサ・スティーブのネットラジオが唐突にアップされてました。
ここ
…ちょっと待て。日本人だったのかよスティーブ!
なんでまた良輔さんの小説とかでも外人って事にしてるんだろ?

殺し屋ジョー | 2006-12-23 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006

幕末機関説 いろはにほへと #11

『耀次郎の喰うウドのテンプラは苦い』
って言ってほしいのでしょうか?
ならば期待通りに言っておいてあげよう。親切だなぁ俺。
参考:ウドのコーヒー

劇中で夏になったと思ったら、いきなり耀ちゃん脱ぐ脱ぐ!
これでDVDバカ売れでウハウハ確実。

榎本役の中多和宏さんが実に良い味を出してました。
この人、メロウではチョイ役ばかり。でも大好き。
そういやGyaOはこのままグランダー武蔵RVを配信しないつもりなんだろうか?
クッキーっ!

「さっきから薄ら寒いですなぁ」
「あいすっ」
……。
…………すげぇ、と、思った。

幕末機関説 いろはにほへと 1

 

殺し屋ジョー | 2006-12-15 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006

幕末機関説 いろはにほへと #10

「享年○歳」ってナレーションがあったけど、享年には『歳』を付けないのが正解じゃないの?

それはそうと。
なんだか時系列がおかしいです。
まとめると、こう

8話
3月13日 耀ちゃんvs金髪隻眼
9話
4月11日 無血開城
不明 アームストロング砲を乗せた船が横浜到着
同乗していた おりょうさん、下船して一座を訪問
耀ちゃん、千駄ヶ谷で沖田さんと再会
4月30日 水戸から上野へ物資を運ぶ
おりょうさん、耀ちゃんが留守と知る
(なので、先の不明日も同じ30日の出来事だと考えられます)
耀ちゃん、覇者の首が新撰組と無関係だと確認
5月15日 上野戦争 開戦
沖田さん上野へ向かう
10話
5月15日 なぜかずっと横浜港に停泊したままだったアームストロング砲を乗せた船
再び おりょうさんも乗せて江戸へ出航
沖田さん、耀ちゃんから千駄ヶ谷に連れ戻される
赫様、一座の解散を決意
アームストロング砲、上野に到着
午後5時には戦争終結
5月30日 沖田さん死亡
不明 おりょうさん、江戸にて井上和彦と再会
不明 解散準備中の一座のもとへ、おりょうさんが台本を宅配

…やっぱ、4月30日ってのに無理がある気がしますね。
問題の「四月三十日」ってテロップが出たのは9話Bパートの頭。
ここの、水戸から物資を運んで来たらしいシーンだけを日付けテロップごとAパート序盤に移動させれば、それだけで辻褄が合うんだけどなぁ。
おりょうさんの横浜到着がこれより前ってのは、どう考えても不自然ですって。
ひょっとしたらここだけわざと時系列を変えた演出なのかもーとも思ったけど、わざわざ雨を降らせる事で連続したシーンだと強調してますからね。

中居屋の生存に大喜びする一座。
見事に目的を見失ってる。
でもこれで全員江戸に移動となると、赫様のメイド姿は無しかー。

9-10話は、RED GARDENの監督でもある松尾衡さんのコンテでした。
働き者だ!

 

殺し屋ジョー | 2006-12-09 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006

RED GARDEN #01-06

GyaOで6話まで配信されたので、一気観してみました。

rg

この6話中5本が松尾衡監督みずからのコンテ。
働き者だ!
ミステリー物であり、しかもクセの強いキャラばかりなので、整合性を考えてセルフコンテの割合を増やしているのかも。
で、そのクセの強すぎる連中。
主人公である4人のヒロイン、クレア以外みんなうっとーしいのなんのって。
絵的なクドさだけではなく、突然ヒステリーをおこして叫びまくるのにゃ閉口しました。特にローズの悲鳴をどうにかして。
夜中に大音響で観てると、ご近所から通報されかねません。気をつけろ。

そんな、ある意味アニメ離れしたリアリティを感じないでもないキャラ達によって紡がれるドラマは、ミステリーと言っても意外にシンプルな物でした。
『すでに死んでいるらしいヒロイン達による犬人間退治』って基本プロット自体が最大の謎。
そして、脈絡なく突然歌いだすヒロイン達。謎だ。
さらに、なぜかUSBメモリまで付いてくるDVD-BOX。謎だ。

RED GARDEN DVD BOX 1

オフィシャルサイトを見ると、なにか変なキャンペーンをやってました。謎だ。

当選者は、作品に関わるアニメーターの手によってキャラクター化し、2007年1月〜3月放送分の本編内に登場する事ができます。

ってあんた(笑)。

とどめに、750円。謎だ。

 

殺し屋ジョー | 2006-12-07 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006

幕末機関説 いろはにほへと #09

びっくり。幕末にもメイド喫茶があった!

9話冒頭の無血開城が4月11日。
9話ラストの上野戦争が5月15日。
この9話の中だけで1ヶ月以上の時間が経過してます。
耀ちゃんは、かなり長いこと沖田さんの側に居着いてたみたいですね。
あの布団1セットしかない沖田さんの部屋で、一緒に寝泊りしてたのかなー。他所に泊まる金も無さそうだし。
ついでに前回の8話は3月13日の話(西郷×勝の会談)。
赫様は、復讐を果たしてから新作の脚本が届く次回まで、メイド喫茶でバイトすることもなく2ヶ月間も呆けていたのかい。

おりょう役の檀れいさん。
上手いし存在感もあります。映画のプロモーション的な出演なんでしょうけど、キャラに合ってりゃなんだっていいですやね。

んで。
5日からGyaOでFLAGの無料配信をやるようなので、まだ観てない人はこの機会にどぞ。
でもどうせなら6話まで出揃う26日まで待って、ファーストシーズンを一気観するのがお勧め。
FLAGは細切れで観てもつまんないすよ。

 

殺し屋ジョー | 2006-12-02 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006

幕末機関説 いろはにほへと #08

井上和彦つえーつえー!
もはや無敵!
やはりラスボスは彼なのか?

金髪隻眼の単調な攻撃に対して、耀ちゃんのトンチの効いた戦いっぷりが面白かったです。
キリコの死んだふり作戦に通じる、勝つためなら何だってやる、修羅場をくぐりぬけてきた者の凄味を感じましたよ。
それに比べると金髪は銃を撃つだけだからなぁ。
そういえば金、赫様に母の面影を見ていたけど、これまで何度も顔を合わせているのになぜ今になって?

はにほへの上品な色彩設定は大好きだけど、今回は何描いてるのかわかんないくらいBL影をつけまくって真っ暗にした方が良かったんではなかろうか。
なんだか画面が明るすぎて、電気の無い時代の夜って感じがしませんでした。
真っ暗にしておけば、ろうそくの明かりをもっと効果的に演出できたんじゃねぇかと思うんだけどなぁ。

中居屋への復讐を果たすシーンは、2話みたいに一座の顔にクマドリを入れればよかったのに。
そういえば不知火のおっぴろげジャンプに微笑。

中居屋がここで退場って事は、このアニメ、8話ごとに構成してるのでしょうか。
となると全3章。
次回予告からすると、次は新撰組編ですか?

こんなん出るみたいですけど、需要はあるのかねぇ?
注文数、何着くらいあったんだろう。

殺し屋ジョー | 2006-11-25 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006

装甲騎兵ボトムズ #27

またしても、GyaO配信最終日のギリギリ視聴になってしまいました。

中途半端な話数で、クメン編が完結。
これはたぶん、スケジュールの遅れで予定外の総集編が途中で挿入されたために1本オーバーしてしまったって事なのでしょう。

作中ではSS10としか呼ばれていないX-ATH-02ストライクドッグを駆る、イプの情念がキリコを襲います。
キリコはキリコで、PSを人間に戻す方法は無いのかとボローに詰め寄ります。
でもそんな個人レベルの思いは、例によってメルキア軍の降下部隊により蹂躙され飲み込まれてしまいました。
たとえPSであろうと主人公であろうと、強大な軍事組織には敵わない。
ウド編と同じ落ちなんですよね。
吉川惣司監督の「マモールパン」のラストも同様に『人間を超えた存在であってもアメリカ様にゃ敵わねぇ』って落ちだったので、これは良輔さんよりも吉川さんのテイストなのかもしれません。

最後まで光り輝いていたカン・ユー大尉。
「あんたは人間のクズだな」
とまで言われ、放り捨てられてしまいました。
本放送当時ボンボンに連載されたマンガ版(のなかみのる先生著)ではキリコキックで川に落とされてそれっきりだったので、それに比べれば華のある最後なのかもしれません。

ところでそのマンガ版、自分が持っているコミックスはボンボンKC全4巻です。
キリコが内山まもるタッチ、ロリっぽいフィアナ、成田美名子な耽美イプシロン、とどめにゴルゴ13のロッチナ、と凄いコミカライズです。
でもたしか、雑誌連載時はもっと強烈な絵だったような。
大幅な描き足しと同時に、連載時の原稿からかなり描き直されちゃってるみたいです。
カンジェルマン殿下なんかは、好き勝手に描いてた連載部分とアニメ設定画準拠のコミックス描き足し部分が混在して、とんでもない事になってました。
とりあえず、物置部屋から発掘できた3巻から数こまスキャンしてみました(2巻は発見できず)。
 ゴルゴ
ゴルゴ
ゴルゴ・ロッチナ
化け物
さすがにこりゃあんまりな、アロン&グラン

このマンガ版は、いつかじっくり紹介したいなー。

2003年にコンビニ売り用(?)に発売された、この(↓)バージョンのコミックスは持ってません。
まさか描き直し前のボンボン連載バージョンを復刻したりはしてないよなぁ。
もしそうなら、なんとしてでも入手しなけりゃいけませんが。

装甲騎兵ボトムズ 1 (1)

 

殺し屋ジョー | 2006-11-10 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006

幕末機関説 いろはにほへと #05

グジョーブ! の一言で、パークスさんがすべて持っていきやがった。
「イッツ、リハーサル!」っていつもの日本人イントネーションの英語で言っていたので、そのうちエゲレスの軍事介入があるわけですか。

案山子はここで死んじゃうのかと思ったけど、生き延びましたねー。
意外と戦闘力あるんだな、この人。
だったらどうして1話のオークション乱入計画に参加せずに、別行動で子供たちとのんびり花火見物してたんだろう?
死鬼隊は、見せ場の無いまま使い捨てゲストにならなくてよかったー。
彼らは伸びる子です。

基本設定の解説部分は、あんまし楽しくなかったです。
耀ちゃんがそれとどんな因縁があるのかまでは語られなかったし。それ、次回?

5話での主人公の意味のあるセリフ数:ゼロ
とうとうセリフ無し。

 

殺し屋ジョー | 2006-11-09 | コメント(0) | トラバ(0) | アニメ感想2006
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。