MSイグルー2 重力戦線 #3 オデッサ、鉄の嵐!

最初にガンタンク登場と知った時はね、『戦車しかない連邦軍陸戦部隊にさっそうと登場したスーパー兵器ガンタンクが大活躍! でもドムにはボコられちゃった!』みたいな話になるのかと思ったわけだ。
オデッサ戦だし。
なのに奥さん、画面ではジムがわんさか量産されていて、ガンタンクなんぞ開発中止された過去の遺物扱いではありませんか。
なにも08MS小隊でうまれた歪んだ設定を引きずらなくてもいいのに。そりゃまぁ、安彦オリジンでもオデッサ戦にMSが大量投入されてたけどさー。
こんなに早く普通にジムが量産されていたのでは、年末近くに「連邦にモビルスーツなんて無いわよっ!」って言っていた女子小学生の立場がなくなってしまいます。

で、本編。
3話では、囚人兵のネイズン技術中尉が主人公。終身刑で投獄中の彼女が、なぜかガンタンク部隊のプラトーンリーダーとして第44コンバインドアームズに配備されてどーのこうの。
話はよくわかんない部分もあって、ああいう事情だったのならなんでこの女は終身刑にまでなったんだろうーとか。男から捨てられたショックで、なんかやらかしたのでしょうか?
彼女こそがおなじみ女死神の本体なのかとも思ったけど、そういうわけでもないんですかね? とっくに吊ってたみたいだし。あ、だからか?

クドいキャラ芝居とシブい戦術描写は今回も健在。
落とし穴にはめたジムにワッパ(!)で近付き吸着地雷をくっつけて爆殺とかー。
敵トーチカに対してビッグトレーから間接砲撃とかー。
コアファイターに落とされるガウ攻撃空母とかー。
旧ザクに抱きついて「おまえも、ロートルか……」などと呟かれちゃー、そりゃ萌えるわ。
しかしそんな中で、グフカスが弱くてビックリだ! こんなに貧弱なグフカスって初めて見た。きっと市川治さんも草葉の陰で泣いてます。面白くない人生であった!
凶悪なことに、このガンタンクって大量の炸薬を積んだ特攻兵器だったんですね。カミカゼですね。『音速雷撃隊』ですね。今西ザ・コックピット再び!

次のシリーズではぜひ、ソロモン〜ア・バオア・クー時期の地上戦を希望。
それだったらビッターさんの出番もありそうです。
あー、でもこのまま連邦主役だとドラマ的にきついかもしれない。

イグルーは、全編とにかく今西ワールドです。ウェットな部分も含めて、まさしく戦場まんがシリーズ。
もうちょっとドライ寄りな良輔ワールドの方が好みなんだけど、『鉄の竜騎兵』はあの3作品の中では一番人気が無いとかなんとか。地味でしたしね。でも好き。しかしほんと、あのOVA『ザ・コックピット』ってとんでもない監督のメンツっすよ。良輔+今西+川尻善昭って、どこまで私のツボを突きますかね。続刊が出なかったのが残念です。
さぁて、いまからイグルーを1話から観直そう。観るだけで体力を消耗するので、ある種の覚悟が必要です。まったく、変なアニメ。

B001P7CMSU B000KQGLY8 B000HC2LDK



殺し屋ジョー | 2009-04-29 | コメント(2) | トラバ(0) | アニメ感想2009
この記事へのコメント
お久しぶりです豊前さん(ですよね?)。千葉のタ○セです。
去年サイトを発見し懐かしくてBLOGも読ませて頂いています。
IGLOOは豊前さんの事だからはまっているだろうと思ったらやっぱり・・・。
お変わりないようで嬉しいです。
もしIGLOO本を出すようでしたら、お声をかけてください。
Posted by タ○セ at 2009年04月29日 02:56
おおおーう、ごぶさた! 15年ぶりくらいじゃないすか? 最近の活躍っぷりもいろいろ拝見してますぜ。
いちど右カラムにあるメールフォームから連絡先をお知らせあれ。さすがに大昔のniftyメールアドレスは、もう使えまい(笑)。
いや、だからといってイグルー本は出しませんよ。
Posted by 豊前祥夫 at 2009年04月29日 16:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
最近の記事


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。